「だぶるじぇい」の評価・感想まとめ

だぶるじぇい第1巻の表紙

ぽんこツ

レビュー(評価・感想)に一気に飛びたい方はここからジャンプ!

基本データまとめ・無料で読む方法は?

この項目では本作品の基本情報と無料で読む方法についてまとめています。

タイトル

だぶるじぇい

プロレス団体「WJ」が由来とされています(作者の野中英次がプロレス好きなため)。

基本的には内容となんの関連もないタイトルですが、マスクキャラが登場したりメインキャラ「有馬小夜」がプロレス好きだったりと多少プロレス要素あり。

作者

この作品は原作と作画の担当が別々となっています。

※敬称略

野中英次(のなかえいじ)<原作担当>

全ての作品がギャグ・コメディです。

ぽんこツ

「魁!!クロマティ高校 職員室」は原作のみを担当。「赤い空 白い海」は短編集です。

本作品では原作担当ですが、表紙カバーを取ると野中英次の描いた劇画風の女性キャラを拝むことができます。

亜桜まる(あさくらまる)<作画担当>

同作者の他作品

「14(ジューシー)」「のうりん」は作画のみ担当。後者は白鳥士郎のライトノベルが原作となっているコミカイズです。

ぽんこツ

「制服少女未征服」は月刊ヤングキングアワーズGHで現在連載中。

野中英次と亜桜まるは担当編集を通して連絡を取っており、結局一度も顔を合わせることなく完結した模様。亜桜まる曰く「死ぬ前に一度お会いしたい」とのこと。

公式Twitter

「亜桜まる」さんのTwitter

作者本人の個人アカウントです。

掲載誌

週刊少年マガジン(2009年34号 - 2011年48号)

巻数

全6巻

あらすじ・概要

カワイイ女子高生がいっぱい出てきて、学校の部活を舞台にまったりライフ♪ ただひとつ気になるのは‥『伝統芸継承部』って何すんの?出会うはずの無い二人が、出会わないまま邁進中!原作/野中英次+作画/亜桜まるの伝統的(?)ショートコメディ☆

引用:講談社コミックプラス

主人公の女子高生「宇佐美はじめ」が“伝統芸継承部”なる謎の部活に惹かれ入部することから始まるショートコメディです。

『つまようじ』や『雨樋』といった伝統芸能(?)を受け継いだ職人や、『鳥獣戯画』を今の世に再び広めようと奮闘している部長など個性の強い部員たちの日常が描かれます。

野中英次のシュールなギャグを亜桜まるの萌え系作画で再現するという合体事故を狙った構成が特徴です。

試し読みや無料連載を行っているか

講談社コミックプラス

ソク読み

amazonなか見!検索

講談社コミックプラスでは各巻の冒頭30ページ、ソク読みとamazonでは第1巻のみ30ページ他の巻は10ページが無料公開されています。

アニメや実写の原作になっているか?

この作品はアニメ化しています。

アニメ「だぶるじぇい」

日本テレビ系列「ユルアニ?」内で放送。5分程度のFLASHアニメとなっています。

制作は「DLE」。宇佐美はじめ役に「大橋歩夕」さん、鳥羽一郎役に「檜山修之」さんがキャスティングされ、2011年6月 ~ 9月まで放送されました(全11話)。

アニメ版だぶるじぇいのDVD表紙

アニメ「だぶるじぇい」DVD|出典:amazon

レビュー(評価・感想)

この項目では評価・感想をレビューボックスに沿ってまとめています。

だぶるじぇいの5段階評価
面白さ
(3.5)
絵の上手さ
(4.0)
健全さ
(3.0)
爆笑
(4.0)
キャラクター
(4.5)
おすすめ
(3.0)

面白さ

突飛な設定から生まれるシュールな面白さ。

「つまようじの溝を掘る」職人や今の世に「鳥獣戯画」を広めようとする部長など、出オチに近いキャラ設定から強引に話を広げていくスタイルはなかなか他にはない面白さがあります。

時折長編が挟まれることがありますが正直微妙な展開が多い印象。恥ずかしい体験告白大会はそこそこ楽しめましたが職人フェスタはイマイチでした。

終盤の怒涛の新キャラ(職人)ラッシュにはヤケクソに近いものを感じましたが、これはこれで次はどんな職人がやってくるんだろうという楽しさがありました。

絵の上手さ

上手いとは思いますが台詞とキャラの多さで損をしている印象。

読みにくいというほどではありませんが、台詞・登場キャラともに多くコマ内やページ全体が少しごちゃごちゃしてしまっています。

顔立ちが似ているキャラもチラホラいるのでアップだとたまに誰なのかわからなくなるのはちょっと難点でした。

健全さ

下ネタはほぼゼロ。お色気描写は登場キャラ次第。

下ネタはほとんどありません。

お色気描写も本編にはあまりありませんが、各話冒頭のタイトルバックに水着などの姿をした女性キャラが描かれていることがあります。

またエアコン職人の「夏目つらら」のように普段のコスチュームの露出度が高いキャラもいるので、作品全体を見ると意外とサービスカットがあるように感じます。

爆笑

くだらない設定に振り回され右往左往するキャラたちに笑ってしまう。

職人たちの思わせぶりな主張から始まるトークが非常にくだらない着地点に落ち着いて終わるという展開が多め。その着地点に主人公たちが脱力気味にツッコむオチが秀逸で(机を叩くシーンが印象的)何度も笑わせてもらいました。

また部長の描くカエルの絵に苦悩する漫画読みの少年の回も、振り回される過程・オチともに面白く毎回笑ってしまいました。

ぽんこツ

つまようじさんの家族ネタも「魁!!クロマティ高校」のゴリラオチを彷彿とさせる雑さがあって好きです。

キャラクター

女性キャラが可愛くて魅力的!男性キャラもインパクト大!

話が進んでいくにつれて女性キャラがドンドン増えていくのですが、皆服装や小物が凝っていて可愛いです。単行本の幕間には全身絵が公開されているのも嬉しいところ。

ぽんこツ

個人的には真田さんがカッコよくて好きです。デート回はベタでしたがいい意味でらしくない展開が新鮮でした。

男性キャラだと部長とその親のキャラが濃く、おまけになぜか容姿の画風が他と違うため強烈な存在感があり笑わせてくれます。

おすすめ

設定・内容・絵柄どれもクセがあり人を選ぶ要素が多め。

本作品ほど可愛くて個性的なビジュアルの女性キャラが多く登場する漫画はなかなかないと思います。ただ典型的な萌え絵なのでその点では人を選ぶかも。

可愛いキャラでシュールなギャグをすることがコンセプトの作品なので、身も蓋もない言い方をすれば「野中英次」作品が好きで萌え絵に抵抗がなければ楽しめるのは間違いないと思います。

独特の間で描かれるギャグは好みが分かれる印象。面白さにも波がある作品だと思うのでやや人に勧めづらい要素が多いですが、全6巻でまとまっているのは推しやすい点です。

部長を中心としたハーレム漫画的な要素も少しあるので、可愛いキャラに囲まれた空間のゆるいギャグを楽しみたい方におすすめです。

関連記事

よかったらこちらの記事もどうぞ!

同作者(原作)

魁!!クロマティ高校第1巻の表紙 「魁!!クロマティ高校」の評価・感想まとめ しゃぼてんの表紙 「しゃぼてん」の評価・感想まとめ 赤い空白い海の表紙 「赤い空 白い海/野中英次短編集」の評価・感想まとめ クロマティ高校職員室第1巻の表紙 「クロマティ高校 職員室」の評価・感想まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です