「中退アフロ田中」の評価・感想まとめ

中退アフロ田中第1巻の表紙

ぽんこツ

レビュー(評価・感想)に一気に飛びたい方はここからジャンプ!

基本データまとめ・無料で読む方法は?

この項目では本作品の基本情報と無料で読む方法についてまとめています。

タイトル

中退アフロ田中(ちゅうたいアフロたなか)

作者

のりつけ雅春(のりつけまさはる)

「オケラのつばさ」を含めた全ての作品がギャグ・コメディです。

本作品は作者の代表作“アフロ田中”シリーズの第二作目にあたり、「高校アフロ田中」と「上京アフロ田中」の間の作品となります。

ぽんこツ

「上京アフロ田中」以降は「さすらい」→「しあわせ」→「結婚」と続いていきます。

公式Twitter

「のりつけ雅春」さんのTwitter

作者本人の個人アカウントです。

掲載誌

ビッグコミックスピリッツ(2004年36号 - 2007年26号)

巻数

全10巻

あらすじ・概要

高校を中退した田中は、毎日家でゴロゴロ。とうとう母に「これから毎月3万円入れなければ、この家を追い出す」と言われ、仕方なく肉体労働に就くも1か月で退職。手元に残った給料18万円の使い道をあれこれ考えた結果、なぜか15万円のプレハブハウスを買うことに…。タイトルも微妙に変わって、装い新たに始まった"中退"編!実家の庭にマイホーム(プレハブ)を建て、ひとり立ちへ虎視眈々…なのか!?

引用:小学館eコミックストア

前作の「高校アフロ田中」とほぼそのまま繋がっており、最終回で高校を中退した主人公『田中広』のプータローとしての日常から始まります。

全体的にテンション高めだったギャグが今作からかなりゆるいテンポになりリアリティのある日常系寄りのギャグが増えてくるのが特徴。

下ネタは相変わらずかなり多く、若い非モテ系の男が煩悩に振り回される姿が赤裸々に描かれます。

ぽんこツ

やや方向性がフラフラしていた第一作目の前作と比較すると、今作は作風がかなり固まっている印象です。

試し読みや無料連載を行っているか

中退アフロ田中が無料公開中

中退アフロ田中|出典:小学館公式サイト

小学館公式サイト

ピッコマ

amazon「期間限定 無料お試し版」

小学館公式サイトやピッコマ、amazonではなんと第1巻~第3巻までなんと丸ごと無料公開中(9月9日まで)です。

4巻以降は各巻の冒頭から約10ページが無料公開されています。

マンガワン

マンガアプリのマンガワンでは第1巻が無料公開中。また、2巻以降も時間経過で全てのシリーズを無料で読むことが出来ます。

レビュー(評価・感想)

この項目では評価・感想をレビューボックスに沿ってまとめています。

中退アフロ田中の5段階評価
面白さ
(5.0)
絵の上手さ
(4.5)
健全さ
(2.0)
爆笑
(4.0)
キャラクター
(5.0)
おすすめ度
(4.0)

面白さ

煩悩に行動を支配された男たちの哀しい群像劇。

先に初体験をした友人に負い目を感じてみたり、20近くになってもまだ一度も彼女が出来たことがないことに対して焦りを感じたりなど、非モテ系の男子が性欲やコンプレックスに悩み振り回される姿がありのままに描かれていて面白かったです。

ぽんこツ

もう本能に振り回される人生はまっぴらなんだと叫ぶ「岡本」が痛々しくも笑えました。

また前作から続いている「井上」と「ロボ」の恋愛ストーリーも変わらず面白く、個人的にはシリーズ内で一二を争う面白さだと思っています。

絵の上手さ

少しリアル寄りの画風。全体的にかなり読みやすいです。

前作と比較するとだいぶ頭身が上がりデフォルメがなくなった印象。

女性キャラは可愛らしく登場人物は皆個性的で描き分けがしっかりしています。

ぽんこツ

3巻の合コン回に出てくる「なんかナチュラルだなこいつら…」のコマに高い画力を感じる。

コマ割りも読みやすくギャグ漫画にしては台詞がやや少なめなのでサクサク読めます。

健全さ

男女関係のネタが多くそれに関連した下ネタやお色気描写が多め。

全体的に下ネタ・お色気描写ともに多め。

惚れた腫れたや浮気に合コンと内容の大半が男女関係のネタで構成されているため、それに関連した下ネタやお色気描写が登場します。

爆笑

彼らの反応一つ一つにどうしても親近感を覚えて笑ってしまう。

女の子とのデート中に煩悩が邪魔をして思考がまとまらなくなったり、自分の感情がわからなくなって「性欲のドキドキと恋愛のドキドキを混同してるんじゃないか」と自問自答してみたりとバカバカしくも共感を覚える描写が多く笑わせてもらいました。

また市役所のたらい回しや無断欠勤してしまった時の話など、ちょっとしたあるある話もくすっと笑えてよかったです。

ぽんこツ

見開きで美しい満開の桜を見た感動シーンのあとの「満室だよ」も笑いました。

キャラクター

「いんらん」を筆頭に個性的な女性キャラが多く登場します。

前作と比較すると名有りの女性キャラの登場頻度がかなり高くなっています。

中でも今作から登場する性に奔放な女性キャラ「いんらん」はシリーズの中でも際立ってインパクトのあるキャラであり、その非モテに対する辛辣な物言いには笑いました。

また「岡本」に強烈なトラウマを植え付ける後輩の「さなえちゃん」や「大沢」の元同級生であり女優の「さっちゃん」など、今作は女性キャラに濃いキャラが多かった印象です。

ぽんこツ

「広」とちょっといい感じになる教習所の女性教官もなかなかいいキャラしてましたね。酷いオチでしたが。

おすすめ

非モテ系のギャグ漫画としては非常に面白いです。ただシリーズものである点に注意。

基本的には続きものなので前作の「高校アフロ田中」から読み、その流れで読み始めることをおすすめします。

ただストーリーらしいストーリーがあるシリーズではないので、方向性が固まっており比較的シリーズ内で評判がいいこの作品から読むのもありかもしれません。

下ネタが多くモテない男特有の女性に対するネガティブな思考が延々と垂れ流されるためこの手のが苦手な方には向いていません。雰囲気自体は全体的にかなり明るいです。

絵柄はオタク臭さが少なく読みやすいので人は選びにくい印象。ただ顔芸はちょっとクセがあるかも。

実写化などで初めて“アフロ田中”シリーズを知った方は「高校アフロ田中」ではなくこちらを試し読みして自分に合うか確かめるのもアリ。シリーズ初心者の方やモテない男のコンプレックスに関するギャグに興味がある方におすすめです。

関連記事

よかったらこちらの記事もどうぞ!

アフロ田中シリーズ

高校アフロ田中第1巻の表紙 「高校アフロ田中」の評価・感想まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です