「かぐや様を語りたい」の評価・感想まとめ

かぐや様を語りたい第1巻の表紙

ぽんこツ

レビュー(評価・感想)に一気に飛びたい方はここからジャンプ!

基本データまとめ・無料で読む方法は?

この項目では本作品の基本情報と無料で読む方法についてまとめています。

タイトル

かぐや様を語りたい(かぐやさまをかたりたい)

作者

G3井田 (じーすりーいだ)

全ての作品がギャグ・コメディかつ4コマです。

「f人魚」と「思春期サァカス」は週刊ヤングジャンプで連載し完結しました。「きゅーは吸血鬼のきゅー」はまんがライフWINで連載しこちらも完結しております。

公式Twitter

「G3井田」さんのTwitter

作者本人の個人アカウントです。

掲載誌

週刊ヤングジャンプ(2018年6月7日 - )

巻数

既刊1巻 <連載中>

あらすじ・概要

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』TVアニメ化記念、週刊ヤングジャンプ本誌でもスピンオフ作品が連載開始しました。生徒会の実態を知らない、マスメディア部のメンバーが繰り広げる妄想喜劇4コマ!!

引用:週刊ヤングジャンプ公式サイト

「かぐや様は告らせたい」に登場する脇役『紀かれん』と『巨瀬エリカ』の秀知院学園での日常を描いたスピンオフギャグ4コマです。

二人はかぐや様(と白銀)を強く崇拝しており、実態を知らないことも手伝って脳内で生徒会を過剰に美化。その妄想と実際の生徒会のギャップを楽しむ作風となっています。

また柏木の彼氏がなぜ白銀に恋愛相談を持ちかけたのかの理由が描かれるなど、原作のストーリーを補完する内容が描かれる事があるのが特徴です。

スピンオフ

この作品は週刊ヤングジャンプの人気漫画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」を原作としたスピンオフ漫画です

スピンオフはこの作品の他に「かぐや様は告らせたい 同人版」が出ています。こちらは本編ではほとんどないお色気描写が多く盛り込まれているのが特徴です。

試し読みや無料連載を行っているか

となりのヤングジャンプ

集英社 S-MANGA

amazonなか見!検索

となりのヤングジャンプでは第1話から第3話まで、S-MANGAとamazonでは各巻の第1話が無料公開されています。

ヤンジャン!

ヤングジャンプの公式アプリ「ヤンジャン!」ではアプリ内で3話まで無料で読むことができます。

レビュー(評価・感想)

この項目では評価・感想をレビューボックスに沿ってまとめています。

かぐや様を語りたいの5段階評価
面白さ
(3.0)
絵の上手さ
(4.0)
健全さ
(4.0)
爆笑
(3.0)
キャラクター
(4.0)
おすすめ
(4.0)

面白さ

原作ファンを楽しませる要素が随所に盛り込まれています。

基本的にはマスメディア部の二人によって美化された妄想上の生徒会と本編とのギャップを楽しむ作品ですが、本編にも登場するツンデレ「四条真紀」が部員に振り回される様が楽しめるのが原作ファンとして嬉しいです。

たまに原作のエピソードの裏で起きていたちょっとしたこぼれ話が描かれることがあり、こちらも原作ファンは思わずニヤリとしてしまう内容となっています。

絵の上手さ

原作の画風に比較的近いです。

スピンオフ作品の場合原作との絵柄の違いは気になるところ。この作品は読んでいて違和感ないくらいには原作に近い作画だと思います。

また効果線やモノローグなどのエフェクトの描き方も原作に寄せていてオマージュされています。

生徒会メンバーなどの原作に登場するキャラも多く登場します。ソックリとまではいきませんが、イメージが壊れるということは無いかと思います。

健全さ

基本的には健全ですが百合妄想やBL妄想の描写あり。

メインキャラである「紀かれん」「巨瀬エリカ」に妄想癖がある設定なためそういった要素がたまに登場します。

下ネタの頻度は低め。お色気描写は同時に始まったスピンオフ「かぐや様は告らせたい 同人版」との差別化のためか全くありません。

爆笑

原作の作風に寄せた緩急のあるギャグ。

一話ごとに話がつながっている所謂ストーリー4コマですがそれぞれにちゃんとオチがついています。

勢いのあるボケにモノローグでのツッコミなど原作を意識したメリハリのあるギャグになっておりクスッと笑えます。

キャラクター

登場キャラクターは皆大切に扱われている印象。

「紀かれん」「巨瀬エリカ」ともに“かぐや様信者”というアクの強い設定ですが、扱い方が上手いのか嫌味のないキャラになっています。

本編でも登場頻度が高い「柏木渚」や「四条真紀」といったキャラも設定が大事にされており、キャラ崩壊といったことは一切なくより魅力的になるように描かれていて好印象です。

おすすめ

原作のイメージを大事にしていることが伺えるリスペクトを感じるスピンオフです。

まずこの作品は「かぐや様は告らせたい」を読んでいること前提としている内容となっているのでその点は注意です(単体で読もうと考える方はあまりいないとは思いますが)。

スピンオフ作品は絵が原作に全く似ていなかったり設定やキャラが崩壊していたりと正直クオリティが安定しない傾向にあります。ですがこの作品は原作のキャラや世界観などを大事にしているのが感じられ、作画も原作に寄せてあるため比較的人に勧めやすいです。

原作エピソードの裏話的な回もあるため読む前に本編を読み直しておくとより楽しめると思います。

「かぐや様は告らせたい」の世界をもっと深く楽しみたいという方には是非おすすめのスピンオフです。

関連記事

よかったらこちらの記事もどうぞ!

スピンオフ原作

かぐや様は告らせたい第1巻の表紙 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の評価・感想まとめ

同作者

f人魚第1巻の表紙 「f人魚」の評価・感想まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です