「お姉さんは無精者」の評価・感想まとめ

お姉さんは無精者第1巻の表紙

ぽんこツ

レビュー(評価・感想)に一気に飛びたい方はここからジャンプ!

基本データまとめ・無料で読む方法は?

この項目では本作品の基本情報と無料で読む方法についてまとめています。

タイトル

お姉さんは無精者(おねえさんはぶしょうもの)

作者

多治見尚哉(たじみなおや)

同作者の他作品

この作品以外に単行本化された作品はありません

ゲッサンに付属していた別冊付録「ゲッサンmini」2017冬の新人賞に入選。この賞を受けた読み切り「最後に一度だけ」がデビュー作だと思われます。

ぽんこツ

その読み切りはこちら(Pixivコミック)で無料公開されています。

公式Twitter

「多治見尚哉」さんのTwitter

作者本人の個人アカウントです。

掲載誌

マガジンポケット/マガポケ(アプリ)

マンガアプリです。公式Webサイトもあります。

2017年11月に連載開始し、2018年8月に完結しました。

巻数

全1巻+12話

単行本は1巻のみ発売。2巻以降は発行されませんでした。

ぽんこツ

なので書店などで単行本を購入した場合は注意。1巻以降の話を読むには必ずマガポケに登録する必要があります。

あらすじ・概要

僕(中1)、だらしなカワイイ家庭教師に小2と思われてます! 距離感ほぼゼロのドキドキお勉強(!?)デイズ!従姉の女子大生・みゆきお姉さんに勉強を見てもらうことになった中学1年生の正義くん。ダルダルのTシャツ1枚で出てきたお姉さんは、正義くんをなんと小学2年生と勘違い!ただでさえスキだらけで目のやり場に困るお姉さんが、子供扱いするのでさらに距離感近めに!その上、秒で勉強に飽きたお姉さんは、様々な遊びを仕掛けてきて‥‥!?

引用:講談社コミックプラス

中一の主人公「正義」が従姉の女子大生「みゆき」に家庭教師として勉強を見てもらうことになることから始まるコメディです。

「正義」は実際の年齢より幼い見た目であり「みゆき」は彼を小学二年生と勘違い。そのことからズボラな「みゆき」は「正義」の前で気を抜いた服装や無防備な姿を晒します。そんな無精者のお姉さんに思春期の主人公が振り回される姿を描いたいわゆる“おねショタ”系の作品となっています。

試し読みや無料連載を行っているか

マガポケ

講談社コミックプラス

amazonなか見!検索

第1話~第4話まで無料公開されています。また時間経過などで貯まるチケットやポイントを利用することで全話を無料で読むことが出来ます。

ぽんこツ

20話~22話(最終話)は必ずポイントが必要になるので注意です。

講談社コミックプラスとamazonでは冒頭から30ページ(第1話から第2話の途中まで)が無料公開されています。

レビュー(評価・感想)

この項目では評価・感想をレビューボックスに沿ってまとめています。

お姉さんは無精者の5段階評価
面白さ
(2.0)
絵の上手さ
(4.0)
健全さ
(3.0)
爆笑
(2.0)
キャラクター
(3.0)
おすすめ度
(2.0)

面白さ

設定との齟齬や無理が多い点が気になりました。

まず一番に気になったのが「正義」を「みゆき」が小学二年生と間違えているという設定。これは読んでいてかなり無理を感じました。

ぽんこツ

家庭教師が問題集を使って勉強を教えているのに相手が中学生だと気付かないというのは流石に…。

また「正義」が自分が中学生だとバレることを異常に恐れている点も少し不自然に感じました。こういった不満はある程度話が進むと解消されるのですが、それまではちょっと無理が多い話が多かった印象です。

終盤は少しだけ恋愛要素が加わり最後の読後感は悪くなかったです。もうちょっと設定が違ったら全体の感想も変わったかなと感じました。

絵の上手さ

丸くてかなり大きめな目が特徴。

絵柄はまん丸の大きな目が特徴で顔自体も丸顔なキャラが多いです。

少し似たような顔立ちが多いですが描き分けが出来ていないということはありません。

ぽんこツ

連載デビュー作とは思えないほど作画に安定感がありコマ割りも読みやすかったです。

健全さ

タイトルや設定から期待すると裏切られるかも?

無防備なお姉さんが晒すお色気シーンに期待してしまう設定やタイトルになっていますが、そういった要素があるのは序盤だけです。

その序盤のお色気シーンも過激な描写が溢れた最近のアプリマンガと比べるとかなり控えめ。そして中盤以降はほとんどお色気シーンが無くなります。

爆笑

もう少し刺激が欲しい。

恋愛要素も少しだけありますが基本的にはギャグ寄りのコメディです。

ギャグ自体は多いのですがベタなネタが多く毒気もほとんど無いため全体的に刺激が少ない印象。正直言ってかなりヌルいです。

ぽんこツ

ただ何度かあった主人公の女装回は他の回よりギャグにキレがあるように感じました。次作はこっちの路線でどうですか?(願望)

キャラクター

お姉さんは無精者?

お姉さんこと「みゆき」は序盤こそ無精者(ものぐさ/面倒くさがり)な描写があったりしますが、中盤以降はどちらかというとマメであったり凝り性な部分が多く描写されるため無精者とはとても呼べないキャラでした。

そのためちょっと中途半端なキャラになっていましたが、そのぶんイライラさせるような要素は少なく普通のいいお姉さんキャラでこれはこれで好印象でした。

おすすめ

タイトルに偽りあり。単行本購入の際にも注意が必要です。

なんと言っても全話無料で読める点は大きなメリット。ただし最終回付近はチケットではなくポイントでしか読めないので無料で読み切るには時間がかかる点には注意です。

1巻の単行本をお金を払って読むメリットはほとんどありません。描き下ろしは幕間に4コマが6つあるのみです。

ぽんこツ

巻末に2巻の予告が載っているのが生々しい。

目が大きいキャラデザはもしかしたら人を選ぶかも。作画自体はとても読みやすいです。

女性キャラは可愛いですがお色気描写は期待してはいけません。下ネタは多少ありますがかなりゆるいので人を選ぶほどではないと思います。

全体的に憎めないキャラが多くギャグに毒気も少ないため箸休めに読むマンガとしては悪くないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です