「しゃぼてん」の評価・感想まとめ

しゃぼてんの表紙

ぽんこツ

レビュー(評価・感想)に一気に飛びたい方はここからジャンプ!

基本データまとめ・無料で読む方法は?

この項目では本作品の基本情報と無料で読む方法についてまとめています。

タイトル

しゃぼてん

作者

野中英次(のなかえいじ)

「SUPER BASEBALL CLUB」はヤングマガジン海賊版、「課長バカ一代」はミスターマガジン、「ドリーム職人」はモーニング、「魁!!クロマティ高校」「未来町内会」「だぶるじぇい」は週刊少年マガジン、「ハタキ」はイブニング、「赤い空 白い海」はgood!アフタヌーン、「クロマティ高校 職員室」はマガジンポケットと講談社のあらゆる雑誌やアプリで連載経験がある作家です。

ぽんこツ

昔は“ヤングマガジン海賊版”なんて雑誌があったんだね…。

掲載誌

新マグナム増刊/モーニング(2000 - 2001年)

新マグナム増刊はイブニングの前身にあたる雑誌です。この雑誌とモーニングに掲載された話を一つにまとめたのがこの単行本になります。

巻数

全1巻

あらすじ・概要

あるあるネタを中心とした一話完結のショートギャグ漫画。全35話+読切1話。空想話や未来予想もそれぞれ複数存在する。各作品のタイトルは全て2文字の熟語もしくは単語となっており、単行本ではタイトルの意味(講談社発行の国語辞典より引用)も掲載されている。それぞれの作品に繋がりは無い。

引用:wikipedia

wikipediaに非常にわかりやすく概要がまとめられていたので引用。

短編集のような構成になっており各話4ページ(第11話の〈騒音〉のみ8ページ)と非常に短いのが特徴。シュールかつ脱力系の作風で大半のネタがあるあるを中心にした会話劇で構成されています。

試し読みや無料連載を行っているか

本作品は試し読みや無料連載は行われていませんでした。

電子版が存在しないためネット上で読む方法はありません。

レビュー(評価・感想)

この項目では評価・感想をレビューボックスに沿ってまとめています。

しゃぼてんの5段階評価
面白さ
(3.0)
絵の上手さ
(3.0)
健全さ
(4.0)
爆笑
(3.0)
キャラクター
(1.0)
おすすめ度
(3.5)

面白さ

いい意味でしょうもない話が多かったです。

力を抜いて読める小話が多くなにも考えずに読むのには最適でした。

ぽんこツ

特に第一話〈親友〉と第二話〈悪夢〉のしょうもなさ過ぎるオチには笑わせてもらいました。

ただタバコを吸えずに悶えるシーンが最後のオチまでずっと続く第10話の〈悶絶〉など、本当に何にもなさすぎる話がチラホラあったのはちょっと気になりました。

流石にショートギャグが36話もあると面白さにムラが出てしまうなと感じましたが、それを差し引いても十分楽しませてもらいました。

絵の上手さ

読みづらいと言うほどではありませんが、顔の使い回しは多め。

1話のページ数が少ないのでセリフと状況説明が多い印象。

会話劇が中心なので動きはほとんど無くコマの大半がキャラのバストアップです。

各話につながりはないので問題はないのですが、作品内での顔の使い回しが非常に多いので話をまたいで同じキャラが登場しているような錯覚を覚えることがたまにありました。

ぽんこツ

「魁!!クロマティ高校」の神山と同じ顔が何度も出てきてちょっと笑ってしまいました。

健全さ

お色気描写は「マユ子さん」のみ。下ネタはほんの少しだけあり。

基本的にお色気描写は皆無です。ただ唯一11話の〈騒音〉では「マユ子さん」というキャラが登場しタンクトップ姿でサービスカットを見せてくれます。

ぽんこツ

このシーンは“マニア垂涎「まゆ子さん」トレーディングカード”の文章と共に付録として表紙カバーにもその姿が描かれています。

下ネタもほとんどありません。一応成人向けのビデオの話がありますが、レンタルあるあるという面が強く下ネタらしい下ネタではありません。

爆笑

あるあるを織り交ぜたギャグにクスッと笑えました。

作中に小ネタとしてあるあるネタが非常に多く登場します。これらのネタが小気味よく読んでいて楽しいです。

オチも全体的に秀逸で、くだらないけどクスッと笑わせてくれました。

キャラクター

基本的には全員モブと変わりません。

特定のキャラを掘り下げる描写はありません。

毎回名無しもしくは便宜上付けられたよくある名前の単発キャラで構成されています。

おすすめ

ちょっとした暇つぶしに読むのに適したギャグ漫画です。

中古で買えば安く全1巻で終わることもあって手に取りやすい作品だと思います。

劇画調の絵柄が女性ウケするかは微妙ですが、作画自体は読みやすく下ネタもないのでこの点では人は選びにくい印象。ただシュールなネタが多いので人よってはギャグがピンとこないまま終わるかも知れません。

作風は「魁!!クロマティ高校」や「課長バカ一代」といった同作者の他作品と変わらないのでこれらの作品が好きならほぼ間違いなく楽しめると思います。

1話が短く各話で完結しているためちょっとした隙間時間を埋める暇つぶしに読む漫画に向いています。一話完結型で気を張らずに読める漫画をお探しの方におすすめです。

関連記事

よかったらこちらの記事もどうぞ!

同作者

クロマティ高校職員室第1巻の表紙 「クロマティ高校 職員室」の評価・感想まとめ 赤い空白い海の表紙 「赤い空 白い海/野中英次短編集」の評価・感想まとめ だぶるじぇい第1巻の表紙 「だぶるじぇい」の評価・感想まとめ 魁!!クロマティ高校第1巻の表紙 「魁!!クロマティ高校」の評価・感想まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です