狼になりたい/横槍メンゴ(読み切り)の感想・反応まとめ|「メンゴの作品はいつもよくわからん」「10代特有の何者かになりたいっていう焦りがよく描けていたと思う」

横槍メンゴさんの読み切り作品「狼になりたい」が4月13日に公開されました。

この記事では5ch・Twitter・コメント欄での感想や反応をまとめています。

この読み切りは上記の埋め込み、もしくはこちらのリンクから無料で読むことが出来ます。

『クズの本懐』『一生好きってゆったじゃん』の横槍メンゴ少年ジャンプ+初掲載!!今を生きる全ての人へ贈る…ヒューマンドラマ読切30P!!

ジャンプ+|狼になりたい

5chの感想・反応

名無しさん
読み切りどんな話かと思ったらこんな感じか
ちゅまんない
名無しさん
主人公がブツブツ言ってるだけで終わっちゃった
つまんない
名無しさん
読み切りナニコレ
一方的に愚痴と抱負聞かされて終わったんだが
はぁ?
名無しさん
読み切りはなんだこれ
連載第一話感がすごい終わりだが
名無しさん
横槍は原作無いと微妙です
名無しさん
典型的なふんわり作家
もう一度岡本倫と組ませろ
名無しさん
横槍メンゴかぁ
典型的な絵は上手いけど話はアレっていう作家な印象
名無しさん
メンゴの作品はいつもよくわからんレトルトパウチもよくわからんかったし
名無しさん
メンゴらしい漫画だな
ヤングジャンプで見たレトルトパウチと一緒
でもこれで結構売れちゃうんだから不思議
名無しさん
メンゴは岡本倫原作のやつはクソくだらなくて好き
オリジナルはうーん…
名無しさん
なんか読み切り読むと横槍メンゴは過大評価な気がしてくる
クズの本懐とかも全然面白くなかった
岡本倫のおかげで話題になっただけか
名無しさん
ジャンプラの読み切り意識高いのばっか多くなってきた
名無しさん
ルーキーの受賞も意識高い系が多いから
編集がそういうのがすきなんだろう
名無しさん
メンゴってチェンソーマン好きなんだっけ
なんとなく影響受けてる?
名無しさん
ジャンプラのLGBT攻勢にやられたのか読切もレズにしか見えん
名無しさん
読み切りの時系列と主人公の年齢がわからん
名無しさん
読み切り時系列がよく分からん
エレンもそうだが気取った漫画はどうして時系列をちゃんとしないんだ
名無しさん
NANA読んだことないけどNANAっぽいなと思いました
名無しさん
何の比喩だよ狼になりたいって
もし国語の授業で出題されても作者の言いたいことなんて絶対わかんねーよ
名無しさん
メンゴはメンヘラ女の自分語り多いよな
自分がそうなのかな
名無しさん
ん?読み切りの後の宣伝ページのヤンジャン新連載ともしかして繋がってんの?
エピソードゼロ的な読み切りなんかな
それとも女の描き分けができないだけか
名無しさん
繋がってないでしょ
繋がってたらガッツリアカの名前入れるだろうし
多分普通に描きわけの問題
名無しさん
多分関係ないと思うけど実際連載来るまではわからんね
名無しさん
読み切り割と嫌いじゃないけど評判が悪いのもよく分かる
名無しさん
読んでる最中何も感じなかったかと言えば嘘になるし
理解できる部分があったのは確かだけど終わったあとに「で?」って思ってしまっ
読切作品てことを考えたら評価しようがないなあ
これが反響あればいつか連載にとか考えてるのかな?
名無しさん
ほぼ同じだわ
割と共感するところはあったんだけど読後の感想が「そうなんだ」なんだよな
名無しさん
自分を変えるみたいなこと言いながら特に何も賭けてる感じがないから
お金持ちがちょっと変わった就職先を選びましたくらいの切実さしか感じないんだな
まあ話の始まりとしてならそれもありなんだろうけど
何十ページも描いて読み切りでここで終わりって言われると「で?」とはなる
名無しさん
女の子でオオカミとか言ってるからバリバリの肉食系を期待したらなんてことなかった
名無しさん
読み切りなんか自己啓発本みたいな感じ
はぁそうですかとしか言えない
名無しさん
メンゴの読み切りは夢を追いかけている者としてはぐっときた
まあ自己啓発本だけどいいと思う
名無しさん
ここのスレのおっさんが語るような作品ではないな
少年向け漫画
名無しさん
読切は実際ヤンジャンで始まる新連載の宣伝漫画みたいなもんだろ
良くも悪くもない

https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/wcomic/1586411131/

レスに登場した作者の過去作『レトルトパウチ!』はこちらです。

うきわウサギ

ヤングジャンプで2014年から連載し全7巻で完結しました。ちょっと曖昧だけど割と下ネタギャグが多く登場する作品だった記憶。

Twitterの感想・反応

作者の横槍メンゴさんが更新通知を行いました。

作者

Twitter

読者

Twitter

横槍メンゴさんのつぶやきにあった『南無阿弥だいすき』とは週刊スピリッツ2020年12号に載せていたバンドマンとその彼女の関係を描いた読み切りのことみたいです。

うきわウサギ

この『南無阿弥だいすき』は作者の短編集『一生好きってゆったじゃん』に収録されているとのこと。

コメント欄の感想・反応

起承転結の転で終わった感覚

序盤の序の序で終わったな

10代特有の「何者かになりたい」っていう焦りがよく描けていたと思う

ところどころわからんけど主人公の気持ちはわかる

特別な何かになりたいという焦燥感がリアル

自分の作品を排泄物と呼ぶのちょっと引く

横槍メンゴが堪能できたからそれでいい

この人にしか描けない作品だからこれでいい

面白かったし絵も好きなんだけど『NANA』っぽさが拭えない

これを読んで『顔がこの世に向いてない』のレベルの高さがわかった

顔がそれなりに整ってるから言えることもあるよね

めっちゃ刺さった

今の時代この主人公みたいな考え方が増えてると思う

わかっているのに憧れずにはいられない

うきわウサギ

自分も『顔がこの世に向いてない』を読んでいて思い出しました!持っている側の主張とも受け取れるね!

ニュース・補足

読み切りの巻末にありましたが、横槍メンゴさんと『かぐや様は告らせたい』の作者の赤坂アカさんのコンビで新連載が始まります

Twitter

うきわウサギ

掲載誌は週刊ヤングジャンプで横槍メンゴさんは作画担当。4月23日発売の21号から連載開始とのことです。

やっぱりこの読み切りは連載前の試作というよりあくまで新作の宣伝目的かな?新作は芸能界を描いた作品みたいなのでこの読み切りが多少は関わってくる…かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です